CD/DVD用OPP袋(透明袋)とは?

CD/DVD用OPP袋って?

OPP袋とは?

プレゼントのラッピングに使う透明な袋や花束を覆うフィルム、これらはOPPと言って、ダイレクトメールの発送や梱包用に広く使われている素材です。ハリのある質感と抜群の透明感は、封入した物をありのままの美しさで魅せ、高級感を与える効果が有ります。OPP袋は規格サイズも豊富で、極小サイズから特大サイズまで用途に応じて選びやすく、包装資材の中では最もリーズナブルなため、手軽にオーダーメイドも出来る袋です。

ラッピング

CD/DVD用OPP袋(透明袋)の特徴

CD/DVDはディスクの大きさが同じですが、ジャケットの大きさを変えることで差別化をし、間違えないように出来ています。また、発売元や規格毎に厚みや縦横の長さがミリ単位で違います。
弊社のCD/DVD用OPP袋(透明袋)は、このような様々な規格のジャケットに合わせて、封入しやすくぴったりのサイズに設計されています。隅々までクリアで美しく魅せる袋だからこそ、無駄な余白が出来ないことで美しさと利便性がUPし、販売店やレンタル店など専門ショップでも包装用として多数ご利用頂いているのです。
更に、OPP袋の特徴でもある防湿性の高さが、大切なディスクを湿気やカビからしっかり守ってくれます。雨や雪にも強いので、耐水性といっても過言ではありません。便利なフタとシールつきなので、使用するときまでほこりや傷の心配をすることも無く、湿気のダメージを極力抑える保存に最適な袋なのです。

湿気やホコリ対策に

CD/DVD用OPP袋の魅力は防湿性やサイズの豊富さだけではありません。店頭陳列の際ディスプレイ方法によって袋の口の方向を選択出来ます。つまり、ジャケットのサイズに合わせて選べるだけでなく、ジャケットの表裏を見せる従来型のタテ入れか、背中のタイトルを見せる陳列用のヨコ入れタイプかを選べるのです。

タテ入れ・ヨコ入れ

使用上の注意点

CD/DVD用OPP袋(透明袋)は、現在発売されている商品の規格毎に調度良い大きさの袋を設計しています。CDで言えば、スリムケースと標準型では5ミリのサイズ差があり、DVDも含めると、かなり細分化されています。ご利用の際は、実際の封入物の大きさをしっかり把握し、必要な袋のサイズを購入していただくことが必要です。このサイトでは、それぞれの規格サイズにぴったりの袋を詳しくご紹介していますので、是非ご覧ください。

正しいサイズの袋をご購入ください

サブコンテンツ