CD/DVD用OPP袋(透明袋)の専門サイト

思い入れのあるCDやDVD、せっかく購入した大切な品は購入したときと変わらない美しさで、永く保存したいですよね。CD/DVD用OPP袋(透明袋)はソフト専門店やレンタルショップ様からも
多数ご利用頂いている、業務用にも最適な保護袋です。
大切なコレクションはもちろん、レンタル用や販売用の陳列も美しく魅せられると大好評で、傷や
汚れ、湿気等のリスクから、中身をしっかり守ります。パソコンのデータ用ディスクの保存にも、
録画用DVDケースの保存にも最適です。CD/DVD用OPP袋(透明袋)の詳しいサイズ展開と
使い方、美しく永く保存する為のお得な最新情報
をお届けします♪

大切なDVDはきっちり保管しましょう!

DVDをきっちり保管して、大切な映像やデータを守りませんか?気温差の激しい所に保管するのを避け、OPP袋を使って湿気からDVDを守るなら、大事なDVDを長持ちさせることができますよ。きっちりとした保管方法で大切なDVDを守りませんか?

ヘッダーの付いたOPP袋です!

DVDを保管するOPP袋の種類の中に、ヘッダー付があるのをご存知でしたか?アマレータイプ用ヘッダー付OPP袋はフックに掛けられるので、縦列での陳列が可能です。商品管理や補充の手間を省け、販売店様からの人気も高い商品となっています。

そのDVDケース、どっちのタイプですか?

DVDを入れるトールケースは二種類あるのをご存知でしたか?一つはアマレータイプで、映画などのケースで使われています。もう一つはワーナータイプでPCソフトのケースに使われていて、幅が少し広くなっています。それぞれに合わせたOPP袋をどうぞ!

ちょっとした工夫もされていますよ

DVDの保管に最適なOPP袋、管理方法に応じてちょっとした工夫もなされています。棚に並べて背表紙を見せる管理方法ならヨコ入れタイプ、表紙や裏面を見せる管理方法ならタテ入れタイプ、と二種類用意しています。管理方法にあったタイプをどうぞ!

OPP袋ならDVDを綺麗に保管できます!

OPP袋を使ってDVDを保管するのが最適だと言える理由は、その素材であるOPPフィルムにあります。OPPフィルムは湿気を通さないため、大敵であるカビの発生を防いでくれます。また透明なので管理もしやすく、光沢が中身を美しく見せてくれますよ。

扱い方に気を付けることは大切ですよ!

DVDは映像を観たりデータを書き込むのに役立つメディアです。ただ扱い方を間違えるとせっかくのデータが失われてしまいます。先の固いもので印刷面に書き込むと記録層までダメージを受けますよ。またカビにも弱いのでOPP袋でしっかり対策をしましょう!

DVDの構造はこうなっています!

DVDの構造がどうなっているかご存知ですか?厚み1.2mmのディスクの中に4層もの層が重なっています。印刷層・保護層・反射記録層・樹脂層です。表面の傷は再生に影響を与えます。ちゃんとケースで保管し、OPP袋を使ってください!

DVDについて正しく説明できますか?

DVDについて説明できる人は意外と少ないようです。DVDとは光学ディスクで、プラスティックかポリカーボネートで作られています。レーザー光線を当てて再生しているので劣化がないのも特徴です。ただ湿度に弱いためOPP袋で保管するのが最適ですよ!

DVDの正しい保管方法を知っておきませんか

わたしたちが身近に接するDVD、その保管方法についてあまり意識したことがないかもしれません。不織布ケースで保管すると、記録面に傷が付いて再生できない危険があります。保管に適した場所、またOPP袋を使った正しい保管方法について書いていますよ。

まだまだ主流のDVD、大切に保管しませんか?

ブルーレイディスクが注目されている時代ですが、まだまだ主流となっているのはDVDです。リーズナブルな価格、傷に強い、再生しやすいなど、メリットはたくさんあります。そんなDVD、保管方法はOPP袋で保護するのが最適な方法ですよ!

サブコンテンツ